ブドウ糖とグリコーゲンそして脂肪の関係はどうなっているの?

ダイエットということに関しては、これまでブドウ糖など糖類を悪者と決め付けることが多かったと思います。

そかし、実はブドウ糖は生きていく上で、必要不可欠なエネルギーの源なんですよね。私たちは、炭水化物の栄養素を取り込みブドウ糖に変換して体内に吸収されています。

ブドウ糖は、栄養源の中で最も簡単にエネルギーとして利用できるものだそうで、血液の流れに入り、体の細胞に運ばれ、その後、エネルギーに変換されます。

そしてその時点で必要とされるエネルギーを超えたブドウ糖がある場合はグリコーゲンという別の糖質に姿を変え、肝臓や筋肉に貯めることになります。そしてさらにオーバーした分は、やがて中性脂肪として蓄えられることになります。

そして、運動などを行い、エネルギーとしてのブドウ糖が足りなくなった場合は、貯蔵されているグリコーゲンや脂肪があらたなエネルギー源として使われるようです。

しかし問題は、グリコーゲンが体内に存在しない限り、脂肪が体内に残っていても、エネルギー源になることはないということみたいですよ。そんなことでスタミナが切れという現象がおきてしまうらしい。

そこで、スタミナを維持するためにはグリコーゲンをいかに有効に使うかがポイントになるようです。1つの対策としては筋肉を鍛え、筋肉の量を増やし、グリコーゲンの貯蔵タンクとしての容量を増やすことだと言います。

確かに以前から、筋肉量が減るとカロリーの代謝が落ちると言うことは聞いて知ってました。そういうことだったのか。

うわ~ やっぱし運動も必要なんだ。いまさら筋トレということもないような気もしますが、やらなきゃダメでしょうかね。

困りました。どうすりゃいいでしょう。