糖質制限はダイエット的には効果あるのか

効果のあるダイエット方法のひとつとして糖質を制限する方法があることはあります。

ごはんやパン、パスタなどの糖質類を食べないようにしたり、食べる量を減らしたりする方法ですが、この方法は一時的には確かに効果があるように見えます。

水分が減っていきますので体重は落ちてきます。しかし、肝心の脂肪が燃焼していないのでダイエットにはなっていない可能性が大いにあります。

ご飯やパンなどは水分と結びつきやすく、食べるだけで体重が増加してくる食べ物です。ですから食べなければすぐに体重を減らすことができるという食べ物になります。

日本人は昔からご飯を主食として生きてきました。糖質の豊富な炭水化物には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸をきれいにしてくれます。不足すると腸のはたらきが弱まり、栄養の吸収も滞ってしまいます。

糖質制限をして体重が減っても、体脂肪率が変わっていないので見た目の変化がありませんし、食事や水分の摂取ですぐに体重が元に戻ってしまいます。腸内環境も悪くなり、代謝が落ち太りやすい体質になるということになります。

糖質は、腸はたらきを高めるだけでなく、脳や身体のエネルギー源でもあります。不足が続けば運動効果や集中力が低下してしまいます。

長期的に見ればむしろ太ってしまう可能性もあるわけです。

糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、ダイエット目的としての糖質制限はいかがなものかと思います。

むしろお米をしっかり食べて健康的に痩せる方が日本人にはあっているのではないでしょうか。