投稿者「minidiet」のアーカイブ

ダイエットの敵である便秘症にはオリゴ糖がいいみたい

これまでには、いろいろなダイエットを試してきましたが、なかなか解決できないのが便秘対策。
今もこの傾向は継続中、あれやこれや試していますが決定的なものはなく困っていましたが、ようやく
これにたどり着きました。

オリゴ糖でした。

オリゴ糖にもいろいろ種類があるんですね。初めて知りました。

フラクトオリゴ糖・・・砂糖が原料
ガラクトオリゴ糖・・・乳糖が原料
イソマルトオリゴ糖・・・デンプンが原料
乳糖果糖オリゴ糖・・・砂糖と、乳糖が原料

原料によりオリゴ糖の種類も違い、効果、目安量、味などにも違いがあるみたいです。

今回いろいろネットで検索してみて、これだなって思うフラクトオリゴ糖を試してみることにしました。
効果、機能としてこのオリゴ糖は、ビフィズス菌、乳酸菌などの栄養源となり、おなかの環境を良好にしてくれることです。
すなわち便秘対策です。

フラクトオリゴ糖の中でも調べた結果、「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」という消費者庁から「おなかの環境を良好に保つよう工夫された食品」という許可表示を得た特定保健用食品を選んでみました。

まろやかで、すっきりとしたクセのない味だそうで、おいしい甘味みたいです。

フラクトオリゴ糖を摂ると、個人差があるようですが、摂りはじめてから1週間~3週間前後から変化が出始めるみたい。
体質、体調などにより、お腹が緩くなったり、お腹がゴロゴロしたり、お腹が張ったりすることがあるみたい。
これはきっとそうなんでしょう。想像できます。

アレルギーについては、「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」は、卵、乳、小麦、大豆、そば、落花生、かに、えび、魚介類などに対するアレルゲンは含まれていないということです。

いかから注文してみました。結果が出たらまたコメントしてみます。


ダイエットの夢を実現させる方法とは

ダイエットには断食がすばらしい効果を発揮することはよく知られているところです。それに加え、適度な運動も必要なことも十分承知しています。

でもなかなか長続きしないんですよね。ダイエットは食事制限と運動の組み合わせが多いせいもあり途中で投げだしてしまうケースが非常に多いです。

目標に向かって突き進む勇気と覚悟が足りないということになるんでしょうか。つまり、心が弱いとこういうことになるのでしょうか。

ダイエットの実践に当たっては、そんな弱い心をまず強化しなければと思います。自分の心をうまくコントロールする方法を見つけることが大切になってきます。

ものの見方、ものの考え方をちょっと変えてみることです。

例えば、身近な運動としてウォーキングがありますが、ウォーキングというのは実は歩きながらいろいろなことを考えているんですよね。これが、物事の見方を少し変えるきっかけになったりします。

ウォーキングのあとのお茶タイムでコーヒーが実にうまかったりします。同じコーヒーでもその時の状況により、味が激変します。

ウォーキングをしながら、見たり考えたりして頭の中では物に対する認知が変わってきます。認知が変われば当然行動も変わってきます。これが課題克服のための心につながってきます。

そして行動する場合、優先順位ではなく、まず劣後順位をつけ、止めるべきことを先に決定することです。すなわち、やるべき課題にしぼり集中してやる、残りはきっぱり捨てることです。

さらにこれは効きます。自己暗示することです。良い思いや考えが良い結果につながります。「私はできるるんだ」と自分に繰り返し暗示をかける方法です。

かって、巨人の長島元監督が選手時代に「明日はホームランを打つぞ」と言い聞かせ、夢を見ていたという記事を見たことがあります。

確かに暗示力はすごいものがあります。
これらのことは実際にやってみる価値が大いにあるのではないでしょうか。

ダイエットの夢を実現しましょう。

「半日断食」で過食体質から少食体質へ

ダイエットといってもそのやり方、方法は千差万別ですよね。どのようなダイエット方法が効果があり、いい方法なのか迷っている人はきっと多いのではないでしょうか。

どんなダイエット方法でもきちんと栄養バランスをとり、カロリーも考えながら、腹8分目程度に食べることが大事になります。太る原因はひとえに食べ過ぎ、過食なんですよね。

そんなことで、今日おすすめするのが断食という方法です。断食と言っても朝食を抜くだけの簡単なやり方です。半日断食という方法で小食習慣を身につけるところがポイントになります。

私も何年も「半日断食ダイエット」を実践していて、朝食は抜いています。抜くといっても実際は野菜ジュースとか牛乳などの流動物を1杯いただいています。

昼食は寒天と野菜、果物、ハムなど、そして豆乳ヨーグルトとパン少々にしています。

それから3時のティータイムですが、私の場合これがちと問題なんです。毎日お饅頭や甘いものをかみさんに付き合って頂いています。これを止めれば完璧なんですけどね。

そして夜は、晩酌付きで普通に食べていますが、腹8分目を心がけています。こんな食事方法でもなんとか適正体重維持しています。

朝食を抜くというと一般的には猛反発があることも承知していますが、私は何年もこの半日断食を実践しているんですが、なんの不都合もありませんし体調はいいですね。

この朝食抜きの「半日ダイエット」は、私が勝手にやっているものではなく理論的にも裏付けられているようで推奨している方も多くいらっしゃいます。

ダイエットは食事だけではなく、筋肉をつけたり維持したりするための運動は欠かせません。食事と運動はセットになっています。

自分は1日5千歩程度のウォーキングだけで、運動という運動はしていません。ただ、日常の生活でも努めてこまめに動くようにしています。これ生活代謝とも言われていますよね。

みなさんの中にも、毎日栄養を考え食事をしているのに、いまひとつ体調がよくないという方が多いのではないでしょうか。これ完璧に食べ過ぎなんだと思います。

食べ過ぎは、肥満やメタボ状態になりさまざまな病気を引き起こしたり、疲れやすくなったりします。

少食と言っても、急激に食事の量を減らすのはよくありません。無理な食事制限に耐えきれなくなって、ドカ食いに走ってしまうことになりかねません。

食欲をうまくコントロールするには、食事の量を少しずつ減らすことです。例えば、月曜日に主食とおかずをひと口ずつ減らしたら、その週はその量をキープし、次の週にはさらにひと口減らすなど急激に無理な減らし方をしないことがポイントです。

「半日断食ダイエット」は習慣化した過食を改善し、小食の習慣を身につけるいい機会になると思います。挑戦されてみてはどうでしょうか。

小食についてはこちらが参考になります

 

 

スマートフォンを活用して体重管理しましょう

ダイエットをしている方、しようと思っている方にとって体重計は切っても切り離せませんよね。毎日お風呂上りに体重計に乗り、一喜一憂している方も多いのではないでしょうか。

私もそうなんですが、長いこと体重計とお付き合いしていますので、体重を計測し、その結果を見ることにより反省点と明日への改善点が自然と分かるようになってきました。

ああ今日はこれを食べたから増えたとか、歩く時間が足りなかったから増えたとかいろいろ原因と改善点が見えてきます。

今日はこうだったから、きっと体重は増えてこれくらいだろうと予想もつくようにもなってきます。図ると案の定予想とぴったりということも多々あるようになりました。

毎日の計測結果はノートにメモを取り長期的にも変動がわかるように管理しています。

今はみんなスマートフォンを使っていますので、スマホで管理する方がこれからダイエットに挑戦してみようという方にはいいかと思います。

ダイエットだけでなく体調管理面からもスマホに入っている健康アプリ、iPhoneの「ヘルスケア」、Androidスマホの「Google Fit」を使って活動量や身体データなどをスマホ上で一元管理する方法がいいのではないでしょうか。

そうすれば、日々の変化が把握しやすくなり、手間をかけることなく体調管理ができるようになると思います。

何事もそうですが、長続きしない理由にそうした記録の手間にあると思います。ぜひスマホと健康機器を連携させ、アプリを上手に活用することで、なるべく手間をかけずに体調管理する方法を試してみてください。

私も挑戦してみたいと思っていますが、今現在使っているアプリ連動型でない古い体重計を使っている方でも、とりあえずスマホアプリには手動でも入力できますのでやってみてください。

これからスタートという方は、体重だけでなく、体脂肪率や内臓脂肪、BMI、骨量/骨密度なども測定できる体組成計を使い身体の状態を把握しながらダイエットを楽しみながらやってみてはいかがでしょうか。

とりあえず、おすすめスマホ連動型の体重計をご紹介しておきます。頑張ってやってみましょう。

豆乳でダイエット効果を試してみる

牛乳は栄養豊富な良質な食品になりますが、ダイエッターに挑戦している方にむしろ試してもらいたいと思っているのが大豆から作られている豆乳です。

豆乳は昔から「畑の肉」といわれており、牛乳とは違うダイエットには効果的な栄養素が詰まっている食品になります。

豆乳は字が示しているように大豆からできている乳製品になります。大豆には良質なたんぱく質、便通を良くする食物繊維、骨を強くするカルシウム、むくみを予防するカリウム、貧血改善に役立つ鉄分、亜鉛などが含まれています。

筋肉を増やす「たんぱく質」は代謝を活発にしてくれます。その代謝の殆どを占める基礎代謝を上げることがダイエットにつながってきます。

炭水化物および糖類をエネルギーに変え糖代謝を促す「ビタミンB1」も豊富ですし、さらに脂肪代謝促進効果がある「大豆ペプチド」も多く含まれているありがたい食品なんです。

豆乳には大豆特有の「大豆オリゴ糖」が含まれており、ビフィズス菌の増殖を助け腸内環境を整えて便通を良くしてくれます。

このように、大豆にはいろいろなダイエット効果が期待できます。豆乳が体質が合う人にとってはダイエットには非常に良い効果が期待できる食品になっています。

我が家も1000ml入のカートンが6個入っている箱詰めを常備しており、毎日朝カップ1杯づつ飲んで健康を維持しています。豆乳は日持ちが良いので買いおきができる扱いが楽な食品になっています。

ご自分の体調をよく観察しながら豆乳をうまく取り入れた食生活をしてはいかがでしょうか。

糖質制限はダイエット的には効果あるのか

効果のあるダイエット方法のひとつとして糖質を制限する方法があることはあります。

ごはんやパン、パスタなどの糖質類を食べないようにしたり、食べる量を減らしたりする方法ですが、この方法は一時的には確かに効果があるように見えます。

水分が減っていきますので体重は落ちてきます。しかし、肝心の脂肪が燃焼していないのでダイエットにはなっていない可能性が大いにあります。

ご飯やパンなどは水分と結びつきやすく、食べるだけで体重が増加してくる食べ物です。ですから食べなければすぐに体重を減らすことができるという食べ物になります。

日本人は昔からご飯を主食として生きてきました。糖質の豊富な炭水化物には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸をきれいにしてくれます。不足すると腸のはたらきが弱まり、栄養の吸収も滞ってしまいます。

糖質制限をして体重が減っても、体脂肪率が変わっていないので見た目の変化がありませんし、食事や水分の摂取ですぐに体重が元に戻ってしまいます。腸内環境も悪くなり、代謝が落ち太りやすい体質になるということになります。

糖質は、腸はたらきを高めるだけでなく、脳や身体のエネルギー源でもあります。不足が続けば運動効果や集中力が低下してしまいます。

長期的に見ればむしろ太ってしまう可能性もあるわけです。

糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、ダイエット目的としての糖質制限はいかがなものかと思います。

むしろお米をしっかり食べて健康的に痩せる方が日本人にはあっているのではないでしょうか。

効果的なウォーキングは体重計が教えてくれます?

ウォーキングは誰でもできる最もベーシックな有酸素運動で、ダイエットにも確かに効果も期待できるすぐれものです。
効果的なウォーキングのやり方については、実に様々な方法の情報が溢れかえっていますが、私のおすすめは。

ウォーキングで大事なのは、スピード、1時間で歩く距離、拍数はどれくらいで歩けば良いか、姿勢はどうするか、肘は直角にせよ、、腕を大きく振れ、歩幅は大きめにとか、いろいろな課題があります。
いやこれは大変なことですね。

ロボットじゃあるまいし、こんなの全部セットしたり、意識したりしては、なかなかやるのが難しいというのが現実でしょう。
おすすめしたいのが、一番いい方法として体重計を利用することです。今ではいろいろなおもしろ体重計が発売されています。

この体重計に毎日乗ってみて考えることです。食べ過ぎなのか、運動不足なのか、便秘しているためなのか、あの日のあれが悪かったのか、などなど必ず思い当たるフシがあると思います。

それがわかるようになれば、それを修正しモチベーションも維持しながらできるようになります。ひいては結果にもつながりやすくなります。

あと、これだけはということになると、靴でしょうね。ウォーキングシューズも買うべきです。ケガの予防にもなります。履いてみればわかります。

それと最後は、歩く時は腰から前に出す感覚で足を出す、すなわち、おしりをフリフリしながら歩くことです。そして、最後にもう1つですが、歩いている時に下腹を思い切り凹ましたり膨らましたりしながら歩くことです。

これを続けてやっていれば、必ずやダイエットと健康なからだづくりに結びつくことでしょう。

健康に生きるための少食習慣つくり

お金だけでは手に入らないものの代表として健康体がありますよね。こればかりは買うことができませんね。

日本では総医療費がどんどん増加しているみたいですね。特に老人医療費の伸びが著しいようです。いまは新型コロナで特殊な環境にありますが、環境汚染や毎日のお勤めでのストレス、生活習慣の乱れ、それに飽食・過食で健康を害し、ひいては病気になってしまうというパターンが多いのではないでしょうか。

健康は特別なことをしなくても、日常生活の中で自分で改善することで得られると思っています。いろいろな方法があると思いますが、私がおすすめしたいのは「小食」にすることです。

私もいろいろとやっていて、現に毎日朝食を抜いていますが、一口に小食といっても、そう簡単に実践できるものではありませんよね。朝食を抜いているといっても、いつの間にかお茶くらいはいいだろう、牛乳くらいはいいだろうということで少しづつ飲んだり食べたりするようになってしまいます。

だって、食欲は人間が持つ欲望の中でも最も強力な欲望だというし、楽しみでもあるからこれを断つことは大変なことなんだと思います。

そこでおすすめなのが、断食の実践を経て小食体質にもっていくという方法です。でも、明日からすぐに断食を始めるのは難しいでしょうから、まずは毎回の食事の量を少しずつ減らすところから始めると良いと思います。

3食の食事の量を今までよりも20パーセントほど減らしてみるだけでも、小食に慣れていく効果はあると思います。

それからのステップとして朝食を抜いて1日2食にしていく、そうすれば前日の晩から17時間の半日分の断食をしたことになります。

これだけでも小食に慣れてきて胃腸の調子もよくなり、体が軽く気持ち的にも快適さが感じられるのではないでしょうか。もちろん栄養のバランスはとるようにしてください。

このように小食体質に慣れてきたら一度本格的な断食にも挑戦してみてください。断食にはいろいろ効果がありますが、この小食習慣に関しては、断食が大きなきっかけになるのではないかと考えています。

断食はそう簡単にできるものではありませんが、私が実践した体験から下記のサイトを作っています。よろしかったらご覧になってください。

断食ダイエットの実践と効果

 

便秘の解消「美爽煌茶(びそうこうちゃ)」こそが健康維持に必要

「美爽煌茶(びそうこうちゃ)」は、カッシア・アラタをはじめ女性に嬉しいハーブをバランスよくブレンドしていて、アップルティーベースのやさしい味わいで、無理なく、おいしくお飲み頂ける紅茶です。

カッシア・アラタに含まれるクリソファノールという成分が、「スッキリ」の秘密で、次第に体質が改善されていきます。

最大の特徴は習慣性がなく、毎日飲んでも体が慣れて行かないので、最初の感動が持続します。

100%天然素材だから、副作用の心配もなく、安心感が違います。冬はホットで、夏はアイスで。アップルティーベースのやさしい味わいで、無理なく美味しく続けられます。

ご利用は、30代から50代の女性に一番多くご利用いただいております。

① 販売10年で約70,000,000杯を突破、 99.2%の方が商品力を実感されています。

②アップルティーベースの健康茶で、美味しく手軽に腸内環境などの健康をサポート、驚きの1杯あたり約100円になっています。

③カッシア・アラタ、ローズヒップ、カミツレ、カワラケツメイ、エビスグサの種、麦芽、ギムネマ、麻の実などの植物素材100%使用、食物繊維やポリフェノールなど有効成分の相乗効果が期待できます。

④お好みで濃さを調節可能、ご自身の健康状態や気分に合わせてご使用いただけます。

 

自然素材へのこだわり【オーガライフ】について/ダイエット・健康・キレイ

「オーガニック」の食材は、有機ということで、美容と健康を維持し、身体に負荷がかからないダイエットをするのに適しているみたいです。

「オーガライフ」では、「健康」「綺麗」に繋がるものをセレクトし、さらに、それが「美味しい」と思えるものをご提供してるんですね。

一般的に、食品添加物は過剰に摂取しなければ体に影響はほとんどないと考えられていますが、なるべく自然に近いもので、身体に優しいものを食べたいと思うのは当然のことだと思います。

「オーガライフ」では、「安心できる、自然素材のものにこだわりたい」というコンセプトからなるべく添加物が使われていない商品をセレクトしていますね。

今では、食品だけでなく、お肌に塗る化粧品や、身体に触れる衣服、食器や衣服を洗う洗剤まで、「オーガニック」にこだわったものがたくさん作られています。

その日の身体やお肌の調子によって、「最近の食事はどうだったかな?」「睡眠はしっかりとれてるかな?」「運動は足りてるかな?」など、ご自身の生活習慣を見直すきっかけになる商品を提供しています。

「食生活」への意識を改善することが、より綺麗で健康的な生活を送れる「気づき」になるということを感じてもらうことがポイントになります。

オーガライフでは、無理なダイエットで身体に負荷をかけてしまう様な食生活を 送って欲しくないという想いから「身体に優しく」「高品質なもの」をコンセプトに商品セレクトをしております。

ダイエットをはじめ美容と健康を維持し続けるためにカテゴリーごとに商品をセレクトしています。

下記から公式サイトをご覧いただき十分にご検討いただきたいと思います。

自然素材へのこだわり【オーガライフ】について